APEX20Kアーキテクチャ

APEX(Advanced Programable Embedded MatriX)デバイスは、「Time-to-Market」を実現するPLDの利点と、システム・レベルのデザインの要求に対応した集積度、スピード、豊富な機能による高い柔軟性とを結合させた製品です。

APEX20Kファミリ

30,000から1,500,000ゲート(112Kから2.5Mシステム・ゲート)までの集積度と840MHzまでのクロック・レート性能を持つアルテラのAPEXプログラマブル・ロジック・ファミリは、シングル・デバイス上に完全なシステム・レベルの集積化を実現するデバイスです。64ビット、66MHzのPCI仕様に準拠するように設計されているAPEXデバイスは、従来のPLDアーキテクチャが持つ利点を結合、拡張した革新的なMultiCoreTMアーキテクチャにより、高性能なsystem-on-a-programmiable-chipのアプリケーションのデザインを高い集積度と効率で実現することができます。

APEX20Kの主な特長と利点
特長 利点
True-LVDS回路 超高速インタフェースをサポート
MultiCoreアーキテクチャ LUTロジック、プロダクト・ターム・ロジック、メモリをシングル・アーキテクチャに集積
エンベデッド・システム・ブロック(ESB) ロジック、デュアル・ポートRAM、FIFO、ROM、CAMの各機能が実現可能
PCI仕様準拠 64ビット、66MHz動作のPCIの全仕様に準拠、PCI-Xをサポート
新しい標準I/O規格のサポート LVDS、LVPECL、LVTTL、LVCMOS、GTL/+、CTT、AGP、HSTL、SSTL-2/-3の標準I/O規格をサポート
SignalTapロジック解析機能 チップ・レベルの機能の検証を大幅に改善
150万ゲートまでの集積度
(250万システム・ゲート)
システム・レベルの集積度に対応
1.8Vと2.5Vの動作電圧 消費電力を低減
最大4個までのPLL(Phase-Locked Loop) ClockLock、ClockBoost、ClockShiftの各回路をサポートし、1〜160倍までの範囲でクロック周波数の逓倍機能を実現
MultiVolt I/O動作 複数の電源電圧を使用するシステムに最適
FineLine BGAパッケージ 実装スペースを最適化する多ピンBGAパッケージとパッケージ・マイグレーションを可能にするフレキシビリティ
バーチカル・パッケージ・マイグレーション ボードのレイアウトを変更することなく、集積度、I/O数の変更に対応可能

APEX20K商品リスト



アルテックスHOME > アルテラTOP > APEX20K概要