製品紹介

Q1-cRIO Module

2021年01月27日配信

q1-crio_graphic_black-socket-daq-600x786

Quanser Q1-cRIOは、National Instruments CompactRIOコントローラ用のCシリーズモジュールです。Q1-cRIOモジュールは特に制御教育のために設計されており、ほとんどのQuanser制御実験と容易にインターフェースで接続することができます。Q1-cRIOは、1つのアナログ入力、1つのアナログ出力、および2つの設定可能なシングルエンド・エンコーダ入力インターフェイスを備えています。リアルタイム・アプリケーションの要件である、バッファなしのシングル・ポイント読み取り/書き込みを使用して、すべての入力と出力に同時にアクセスします。Q1-cRIOモジュールは、Quanser Rapid Control Prototyping(RCP)Toolkit for LabVIEW™によって駆動され、NI CompactRIO用に強力な制御アルゴリズムを簡単で効率的な方法で開発することができます。

ご興味ある方は是非下記の『PRODUCT INFO SHEET』を参照ください。

 

 

製品詳細

 

DC power input voltage range 9.0 V – 30 V DC
Input power (fully loaded) 2000 mW
Encoder counter size 24 bits
Encoder velocity counter size 24 bits
Encoder maximum 4x quadrature frequency (no filter) 20 MHz
Analog output resolution 16 bits
Analog output default voltage range ± 10 V
Analog output configurable voltage ranges ± 5 V, ± 10 V, ± 10.8 V, + 5 V, + 10 V, + 10.8 V
Analog output typical slew rate 3.5 V/µs
Analog output typical output noise 80 µV RMS
Analog input resolution 16 bits
Analog input default voltage range ± 10 V
Analog input maximum input voltage ± 15 V
Analog input configurable voltage range ± 5 V, ± 10 V
Analog input typical input impedance 1 MΩ
Analog input typical signal to noise ratio (±10 V) 90 dB