製品紹介

Shake Table II XY

2021年01月27日配信

img_4861_clip-600x388

Quanser Shake Table IIは、中規模のオープンアーキテクチャの単軸地震シミュレータで、構造力学、振動隔離、フィードバック制御、および地震、航空宇宙、機械工学に関連するその他の制御トピックの学習に最適です。ユーザーは、ノースリッジ、阪神淡路、エルセントロなどの実際の地震の正弦波、チップ、および事前に荷重を加えた加速度プロファイルを生成し、建物、橋、およびさまざまな材料への影響を調べることができます。さらに、地震プロファイルは、PEER Ground Motion Databaseからダウンロードすることができ、提供されたソフトウェアを使用してスケーリングし、Shake Table IIで再生することができる。

ご興味ある方は是非下記の『PRODUCT INFO SHEET』を参照ください。

 

 

 

製品詳細

 

Dimensions (L x W x H) 61 cm x 46 cm x 25.4 cm
Total mass 54.4 kg
Payload area (L x W) 46 cm x 46 cm
Maximum payload at 1 g¹ (X-Axis, bottom) 34.7 kg
Maximum payload at 2.5 g¹ (Y-Axis, top) 7.5 kg
Maximum travel (X and Y) ± 7.62 cm
Operational bandwidth¹ 10 Hz
Maximum velocity (X and Y with 7.5 kg payload)¹ 39.9 cm/s
Maximum acceleration (X-Axis, 34.5 kg payload)¹ 1 g
Maximum acceleration (Y-Axis, 7.5 kg payload)¹ 2.5 g
Lead screw pitch 1.27 cm/rev
Servomotor power 400 W
Amplifier maximum continuous current 12.5 A
Motor maximum torque 7.82 N.m
Lead screw encoder resolution (in quadrature) 8192 counts/rev
Effective stage position resolution (in quadrature) 1.55 μm/count
Accelerometer range ± 49 m/s²
Accelerometer sensitivity 1.0 g/V

¹ Please contact Quanser for full operational bandwidth specifications.