プロジェクト

狭域商圏専用EC×スマートボックスで地域の活性化を

2021年01月27日配信


ボックス

■事業概要

専用アプリとスマートボックスを組み合わせた狭域商圏に特化したECサービス“ポスケット”の開発とサービス提供を行っています。

在宅勤務や遠出の外出自粛など、今回のコロナ禍の中でより居住近隣圏(=狭域商圏)の価値が見直されつつある中、

バラバラに存在している需要(地域住民)と供給(実店舗を持つ地域事業者)を有機的につなげることが出来れば、

狭域商圏にはまだまだ大きな可能性が存在していると考えています。

 

 ■事業目標

私達は、ポスケットサービスによる地産地消型の地域経済活性を目指していますが、ゴールはさらにその先にあります。

まずは狭域商圏でのECサービスとしてスタートしながら、近い将来、このシステムに地域コミュニティや行政サービスなどの、

生きた街の情報を紐づけることで、“地域のコミュニケーションプラットフォーム”の役割を果たしていきたいと考えています。

こんなポスケットの取り組みが、少しでも「自分の街に愛着を持つ人が増え、思いやりと活気のある街の実現」につながることを望んでいます。

 

■関連SDGs

・雇用創出や地方の文化振興・産品販促につながる持続可能な産業を促進。

・環境に配慮した技術・産業プロセスの導入による持続可能性の向上。

 

■パートナー企業

 ・株式会社レスティル様